NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
<   2007年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
雲祭り(夜)2

f0081958_904430.jpg

祭り終了。
[PR]
by nycyn | 2007-07-29 09:01 | NYライフ
雲祭り(夜)

f0081958_933145.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-28 11:28 | NYライフ
雲祭り(夕)2

f0081958_11253984.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-27 11:30 | NYライフ
雲祭り(夕)

f0081958_10551276.jpg


f0081958_10552655.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-26 10:57 | NYライフ
雲祭り(昼)

f0081958_101088.jpg


f0081958_1012777.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-25 10:34 | NYライフ
雲祭り(朝)

f0081958_11302593.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-24 11:32 | NYライフ
我慢

いつもの報告です。

スポーツニュースとかで「今日のタイガーは我慢のゴルフ」と言うことがあるけど、僕も今日は我慢のゴルフ。
というのも、ここ数回ドライバーの調子がひどく、なかなかフェアウェイをキープできない。
今日も1ホール目で引っ掛け、その後も大きく右に飛んだりしていたので、ついにドライバーを使うのを諦めた。
そこで、滅多に使わないスプーン(3番ウッド)を使ってみたところこれが当たりで、殆ど曲がらずに安定して飛んでいってくれる。
スプーンでも250ヤードくらい飛ぶし、ドライバー要らないじゃん・・・

一方、ゴルフにさほど興味が無かった去年は、スコアが悪くても気持ちよいドライバーショットが打てればそれでいいと思っていた。
そんな僕にとって、ドライバーを使わないというのはある意味で我慢。
でも、過去2回連続で100台のスコアを出してしまっていたので、嫌な流れを断ち切るべく今日は何とか100を切るスコアを出そうと思っていた。

そんな我慢をしてまでやった結果、前半の乱調を後半取り戻してスコアは94とまずまず。
先週買ったアイアンにも少しずつ慣れてきたので、再び80台の世界に戻りたい。
ただ、ドライバーはどうしたもんか・・・買い換えたら良くなるかな・・・いかんいかん。。。


f0081958_12313919.jpg
カモは更に増えて、フェアウェイを占拠・・・


f0081958_12323724.jpg
気持ちの良いゴルフ日和だった。
[PR]
by nycyn | 2007-07-23 12:39 | NYライフ
朝の楽しみ

夏休み、週末、早朝・・・
これだけ条件が揃えば人はほとんどいない。
今朝は写真に夢中になって遅刻しそうになった。。。


f0081958_12132686.jpg


f0081958_12134191.jpg


f0081958_12135767.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-22 12:18 | MBA
戦争の副産物

今日のウォールストリートジャーナルに気になる記事があった。
要約すると以下の通り(記事全文は最後)。

マイさんという女性はベトナム戦争中、アメリカ軍の攻撃から逃げるためにジャングルの中にある北ベトナム軍の医療施設で働いていたが、その後彼女はマラリアに感染してしまう。
彼女は戦況から逃れるために毎日数時間歩いて北部へ逃げるが、道中で多くのベトナム人が無残に殺されるのを目の当たりにした。
戦後、彼女は旧東ドイツへ渡り、電子工学を学んだ後に帰国。
家電会社で彼女は急速に昇進していき、現在では同社の会長兼CEOを務め、家電だけではなく建設・不動産まで事業を拡大している。
ビジネス雑誌で彼女はベトナム第九位の富豪にランクされ、資産は約66億円だと言われている。
先月彼女はベトナム大統領と共に非公式の大使としてホワイトハウスを訪問した。

記事はベトナム版サクセスストーリーであり、メインテーマは女性が活躍できる文化がベトナムにはある、ということだった。
ベトナムでの女性社長比率は日本はもちろんのこと、アメリカと比較してもずば抜けて高い。
これは、ベトナム戦争で多くの男性が死亡してしまい、女性を活用せざるを得なかったことが背景にある。

更に、記事の中で以下の内容が印象に残った。

彼女はアメリカ人と仕事をするにあたり、過去に対するわだかまりは持っていない。
そんな彼女は言う。
「ベトナム戦争をしなければならなかった理由は未だに理解できないけど、現在、アメリカとベトナムの双方にとって有益なビジネスの機会があるのは確かだ。」

以前、アメリカ人のクラスメートと話していた時、同じような事を言ったことがある。
日本は第二次世界大戦で多くのものを失い数々の悲劇を味わったけど、経済的な側面から見れば、あの敗戦なくして今の日本はあり得ないと思う。
もちろん、敗戦という苦い経験をせずに今の日本を築ければ良かったと思うけど、それは不可能だっただろう。
歪んだシステムや価値観などは戦争のような大きな外圧がかからないと変わらないことが多いと思う。
だからと言うわけじゃないけど、多くの日本人はアメリカ人のことを恨んだりはしていない。

戦争で親族を失った方が聞いたら怒るだろうし、戦争を経験していないから言えるんだろうけど、あながち間違った解釈ではないと思っている。

クラスメートとの会話では敢えて言わなかったけど、アメリカが抱える貧富の差や未だに残る人種差別などの問題も、もしアメリカが過去に一度でも戦争で負けていたら緩和されていたのかもしれない。
また、冷戦構造が無くなった今、資本主義の独走を止める手段も同時に失った、という論調も複数のメディアで目にしたことがある。
以前に宗教の話のところでも書いたけど、独走(独裁)を止めるためには反対勢力(野党)が必要である。


最近、ロシアと英国の間でお互いの外交官を追放し合い、緊張感が高まってきている。
アメリカとロシアの関係も悪化する一方だ。
もちろん戦争に発展して欲しいなどとは微塵も思わないけど、適度な緊張感が独走の抑止力として上手く作用してくれないかと思うのは僕だけだろうか。


f0081958_12312856.jpg


WSJの記事
[PR]
by nycyn | 2007-07-20 13:02 | 雑感
現場レポート

f0081958_1125289.jpg


f0081958_11252072.jpg

あれだけ乱暴な運転をしていたら事故を起こさないわけないよな・・・
[PR]
by nycyn | 2007-07-18 11:28 | NYライフ