NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
指標の意義

最近はあまり見なくなった日本語のフリーペーパーを久しぶりに見ていたら、ある広告に目がとまった。
「NYベスト1の北京ダック店」
確かこの広告は渡米した3年前からデザインが変わっていないなー、と思うと懐かしくなった。

ところで、「No.1」とか「Best」という表現を使った広告を見る機会は日本よりもNYの方が多い気がする。
うちの近所にも「The Best in the World」という看板を出している、殆ど客のいないホットドッグ屋がある。
まじめな日本人の中には「誰がNo.1だって決めたんだよ」とか「グルメ雑誌のランキングとかでNo.1になった店だけが使える表現じゃないの」と思う人もいるだろう。

このことについてアメリカ人に聞いたことがあるんだけど、彼の答えは「本人が世界一だと思っているんだからいいんだよ」とのこと。
「Zagat(レストランガイド)で1位」と書くとウソになるけど、「○○で」という対象を特定しない形での1位や、「一番おいしい」みたいに「一番」の判断が主観的なものである場合にはOKらしい。
そう言えば、リアリティ・ショーのApprentice(Season1)では、「コンビニで買った粉末のレモネードを水で溶いたもの」を街頭で売る時に「NYでNo.1」と宣伝していた。

でも、アメリカ人に比べれば控えめな日本人的には、何か客観的な指標で1位にでもならない限り、自分の店の広告に「No.1」と書く勇気のある人はあまりいないだろう。
そういう意味では、日本で「No.1」という広告を見ればそれなりの「意味」を持っているんだろうけど、アメリカの「No.1」や「Best」はあまり意味が無いんだと思う。


こういう「意味の無いNo.1」が氾濫していることが影響しているのかどうかは分からないけど、アメリカ人は「客観的な指標」をかなり重視しているような気がする。
今の大学では企業の役員などゲストスピーカーの話を聞く機会が頻繁にあるけど、最初の経歴紹介では「○○賞を受賞した」とか「大統領の経済チームの一員だった」みたいな部分をやたらと強調している気がする。
中でも「大統領の」というのは特に重要らしく、「President ... of the United ... States」と普段は早口なくせに、この部分だけはやたらとタメて発音している。
僕が参加しなかったゲストスピーカーの講演について他の生徒に聞いても、スピーカーについての印象で最初に出てくる言葉はこういう客観的指標であることが多い。

これには移民国家の多様性が関連しているのかもしれない。
人種・環境・教育・思想など似通った部分の多い日本と比べると、多様性の国アメリカではお互いを理解するのが難しいので、誰もが理解できる客観的指標の位置づけが日本よりも高いのでは。
考えすぎかな。。。


一方、この客観的指標にも「ランク」があって、前述の「大統領・・・」のように誰もが理解できるような指標から「何だそれ?」みたいなものまで色々ある。

例えば格闘技の試合では、聞いたことも無いような団体のチャンピオンがゴロゴロいて、ヘタすると出場選手全員が何らかのチャンピオンなんじゃないかと思うことすらある。
格闘技好きな人なら「WBAチャンピオン」(いわゆる世界チャンピオン)と「XYZチャンピオン」(存在自体が怪しい団体のチャンピオン)の違いは分かるけど、格闘技に興味が無い人にとってはどっちがすごいのか分からないだろう。
「XYZチャンピオン」と名乗る人の狙いはそこにある。

日本でもアメリカでも「ダイエット効果No.1」とか「○万人が認めた効果」みたいな広告に釣られて大金を騙し取られたり体を壊す人がいるみたいだけど、こういう人たちは「XYZチャンピオン」のインチキ臭さを理解できない人と同じだと思う。
美容整形、健康食品、金融商品・・・自分が理解できないものには手をださない、或いは理解できる人の知識を借りる、という防衛手段を取らないと、「あの選手はXYZチャンピオンだから強いはず」と信じてしまうことになる。
あるある大事典を見て納豆をドカ食いした人は要注意ですよ。

更に言えば、「格安」とか「好評」といった「検証が難しい曖昧な言葉」も同じこと。
前述の略歴紹介の例で言えば、「優秀な成績で卒業」とか「上位入賞」、「チームで重要な役割を担った」といった言葉はポジティブな印象を与えるかもしれないけど、下線部分の解釈の幅はかなり広い。
「全国大会3位」とか「リーダーを務めた」という具体的な表現を避けている時点でそれ未満のものであることは間違いなく、ひょっとしたら「上位=10人中の5位」とか「重要な役割=ただメンバーに名を連ねただけ」かもしれない。
この点はビジネススクールに提出した履歴書・エッセイを書く時にかなり神経を使ったので、その後はこういう表現を見ると「具体的に書くほどのモノは何も無いのね」と冷めた目で見るようになった。


ということで、客観的指標の無いNo.1はもちろんのこと、客観的なNo.1の中にも意味の無いものが含まれているので、表面的な指標に惑わされず本質を見極める目を養わなくてはいけないね。
なんて言いながら、「NYベスト1の北京ダック店」に一度は行ってみようと思っている。(ハズレてもダウンサイドは小さいからw)


f0081958_12172110.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-04-10 12:49 | 雑感
フラワーショー

f0081958_10325020.jpg


f0081958_10333725.jpg


f0081958_1034178.jpg


f0081958_10342418.jpg


f0081958_10345422.jpg


f0081958_10351179.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-04-08 11:00 | NYライフ
日本って・・・

f0081958_9512570.jpg


先日アルゼンチンに授業で行ったと書いたけど、この授業は4ヵ国の中から行き先を選べ、多くのアメリカ人生徒は中国に行っていた。
彼らの中には「初めてのアジア」という人も多く、せっかくの機会なので授業の前後に香港や日本に行った人も結構いたらしい。

日本に行った奴らは僕のところに近寄ってきて、日本の感想を話したり質問したりしてきた。
以下、彼らの発言。


空港がきれい、街がきれい、タクシーがきれい、コンビニがきれい・・・
→とにかくきれいに見えるらしい。

空港が都心から遠い。
→仰る通り、何とかならんもんか。

六本木、渋谷、新宿、浅草・・・に行った。で、お前は東京のどこ出身?
→数箇所行っただけで東京通になった気分になるやつ多数。

グランドハイアットはすばらしい。周辺もビバリーヒルズみたいだった。
→泊まったことが無いから分からん。

タクシーが高い。数ブロック乗っただけで11ドルかかった。
→その通りだけど、日本の話をしていてもお金の勘定はドルなのね。

築地で寿司を食べた。あんなに旨いものを毎日食べているのか?
→日本に関する知識が未だにこの程度の人もたまにいる。

マスクをした人が沢山がいたけど、そんなに大気汚染がひどいのか?
→花粉対策だよ、と教えてあげると、みんな不思議そうな顔をする。(マスクで花粉をブロックするという発想が分からないらしい。)

携帯電話を使って職場から家にいる犬にエサを与えているテレビ番組を見た。あれはアメリカでも出来るのか?
→知らんよ。

中国よりは日本の方が英語が通じた。
→そうなのか?と思って詳しく聞いたら、「タクシーで目的地まで行けたから(中国では無理だった)」とのこと。


他にも色々言っていたけど、忘れてしまった。
なお、日本の印象は全般的に肯定的なものが多く、聞いていて嬉しくなった。


f0081958_9515752.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-04-06 10:01 | MBA
新年度

f0081958_1143115.jpg


僕は小学校の時に3回転校し、4つの小学校に通った。
転校した経験のある人は分かると思うけど、既に友人関係が出来上がっている数十人の集団の中に一人で入っていくのはそれなりに大変だ。

登校初日の朝、先生に連れられて教室へ行き、みんなの前で挨拶する。
何を話したかは全く覚えていないけど、たぶん緊張していたんだろう。
席について普通に授業が始まるけど、落ち着かないので授業なんか聞いちゃいない。

休み時間になるとクラスの数人が近寄ってきて、色々と話しかけてくれる。
どこから来た、家はどこだ、野球はやるか・・・
中にはその日のうちに遊びに行こうと誘ってくる人もいた。

3回も転校を経験すると、「転校直後の人間関係」と「1年後の人間関係」にある程度のパターンがある事に気付く。
転校直後にとても親切にしてくれた人、必要以上に仲良くなろうとしてきた人、自慢話ばかりする人、調子はいいけど信用できない人、最初は全く話さなかったのにあるきっかけで仲良くなった人・・・
色々な人がいたけど、僕が最終的にどういう人と仲良くなったのか、嫌いだった人の転校直後の態度はどうだったかを考えると、どこの学校でも似たような答えにたどり着く。

公立の学校にしか通ったことが無いから、そこにいる生徒はお坊ちゃん・お嬢ちゃんばかりな訳も無く、ガラの悪いのも沢山いた。(人のことは言えないけど・・)
初めて転校した学校では何度も喧嘩したし、しつこくいじめられた時もあったから、転校したことの無い大半の生徒はいいよな、と思ったこともあった。
でも、徐々に世渡りが上手くなったのか、「こいつは相手にしても仕方ない」と思った時はムキになってけんかすることも無くなったし、「こいつが言っている事ならちゃんと聞こう」と思ったり、面倒な時は「表面上だけ調子を合わせておこう」と思ったりもした。
嫌な小学生。。。
でも、「転校生である」という理由だけで受ける理不尽な攻撃をかわしつつ友達を作っていくためには、こうするしか無かったと思っている。
そして、その時に培った人を見る目がその後の人生で多少は役に立っているかな、と思うこともある。



新年度ということで、最近は新たにNYにやってきた人達を社内外で見かける。
新しく来た人、迎える人、それぞれを見ていると昔の転校の記憶がよみがえってくる。

僕は前述の経験があったせいか、人が人にどのように接するかに関して敏感な方だと思う。
大人になると小学生のような露骨な態度で人に接することは無くなるけど、周囲を見ていると大人の態度も基本的な部分は子供と変わらないんだな、と感じる。
翻って、新しくNYに来た人達が心地よく入って来られる雰囲気を自分は彼らに提供できているのだろうか・・・

NY生活も4年目に入りました。


f0081958_11415164.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-04-04 12:00 | 雑感
ハゲタカ

NHKドラマ「ハゲタカ」をビデオで見た。
2ヵ月くらい前にフリーペーパーに広告が出ているのを偶然見つけて興味を持ち、その後金融系ブログでもちょくちょく目にしていたのでどうしても見たくなり、忙しいからやめようかとも思ったけどやはり見てしまった。

6話全部見終わっての印象は、とても面白かった。
もちろん人によってケチのつけどころは沢山あるんだろうけど、不特定多数の視聴者を対象としているという観点からはバランスが取れており、金融知識が無い人にも分かりやすく、金融関係者でも十分に楽しめると思う。
過去2年くらいの買収がらみのニュースを把握している人にとっては、「この登場人物はあの人をモデルにしているな」とか「この部分はこういう表現にしたか」といった楽しみ方もあると思う。
視聴率は1桁台後半で「低い」と言われているみたいだけど、金融というお堅い内容を考えれば結構高いのでは、とも思う。

前半では買収ファンドの「ハゲタカぶり」を強調しすぎじゃないか、と思ったけど、これはあまり馴染みのない人向けに分かりやくしただけであり、全体を通じて見るとバランスが取れていたように思う。
一方、日系金融機関の「ダメダメぶり」も容赦なく描かれていて、これも見ていて面白かった。
そういう意味では登場する会社・個人がニュートラルに描かれていて、製作者が視聴者を特定の方向に誘導しようという意図があまり感じられないのが良かったと思う。

ちょっと意外だったのは、メーカーの熟練工がハゲタカに対して「あんたらは何も造り出さないし何の価値も生んでいない」と言ったのに対し、「価値創造の手伝いをしているんだよ」とか言うのかと思ったら、「カネ(株)を持っていても最終的に企業はヒト次第」と言った部分。
この部分だけは、最近の株主中心の欧米型経営に向かう流れにクギを刺してやろうという意図があったのかもしれない。


脱線するけど、買収ファンド(ハゲタカ?)勤務のブロガーと先日飲んでいる時にもそんな話になって、僕が「会社が株主のものだとする議論はどうかと思う」と言ったら反対されてしまった。
明確な答えがある議論じゃないので人それぞれでいいと思うんだけど、よく思うのは、「株主の利益」という議論に出てくる「利益」の価値判断は誰がするのだろうか?
例えば、トヨタが持っているキャッシュを次の決算で全額株主に払い出したら「現在の」株主の利益は大いに満たされるだろうけど、それって株主の利益という議論で出てくる利益じゃないよね。(東京スタイルで株主である村上氏が似たような要求をした時は退けられた。)
企業を構成する従業員や地域社会も含めた概念での長期的な企業価値を向上させることが「株主の利益」につながるのであって、その過程で人員カットも時には必要だろうけど、この順序が逆になった議論を聞くと「おやっ」と思ってしまうのである。
もちろん、長期的視点といった便利な言葉で企業努力を先送りしているだけの企業があるのも事実だけど、それでも最近の「株主至上主義」みたいな議論は好きになれない。

だから、何が株主価値の向上につながるのかを判断するのはあくまで経営陣であり、それが嫌な株主は株を売ればいいだけの話。
或いは議決権の過半数を取得して自らが経営陣になってしまう方法もあるけど、あまり強引にやるとドラマでも出てきたように従業員がごっそり抜けてしまうというリスクも伴う。
こうした背景もあってか、日本に進出している欧米買収ファンドの中には「敵対的買収は絶対にやらない」と明言しているところも少なくない。

こうした日本的な企業文化を「未熟」だと表現する人もいるけど、僕はそうは思わない。
日本には日本独自のやりかたがあっていいと思うし、逆にこれまでの日本の経営がそのままでいいとも思わないので、色々と模索しながら何年・何十年かけて(あるいは永久に)議論していけばいいと思う。
尤も、僕の仕事的には逆の意見を持っていてもいいはずなんだけど。。。


・・・と話はそれたけど、「ハゲタカ」はそんな僕にもフェアに映るいいドラマだったと思う。

敢えてショーモナイ指摘をさせてもらえば、柴田恭平が演じる銀行員が40代前半という設定と、主人公のハゲタカの名前が「わしづ」という点くらいだろうか。
彼は後半で「鷲津ファンド」を立ち上げるんだけど、ネーミングとしてはちょっと・・・。

先日「インドの衝撃」というNHKのドキュメンタリーが面白かったと書いたけど、NHKは色々とゴタゴタがある割にいいモノ作るね。(偉そうですみません。)
アイドルが出ている(だけの中身の薄い)ドラマもいいけど、ハゲタカのようなドラマをもっと作っていって欲しいな。


f0081958_13334626.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-04-01 13:40 | 雑感