NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp
<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ケムトモ

ケムトモという言葉をご存知?

これは、何年か前の新聞に書いてあった造語。
当時、職場での禁煙がようやく徹底されてきて、スモーカーは社内の喫煙所や外でタバコを吸うようになった。
その結果、喫煙所等で頻繁に会うスモーカー同士が仲良くなり、情報交換をするようになったというもの。
こうして出来る人間関係のことを、新聞では「ケムトモ(煙友)」と表現していた。
因みに、霞ヶ関の合同庁舎の喫煙所では、強い縦割り組織である省庁の壁を超えて情報交換できるケムトモ達が情報通になりつつある、みたいな事も書いてあった。

実は僕も、タバコを吸う場所での会話が結構重要だったりする。
改まって話しかけると相手が身構えてしまうような事もあるけど、喫煙所での何気ない会話から入っていくと話を持っていきやすいのである。

仕事に関して言えば、喫煙所ならオフィスでは話しにくい事も話しやすいし、仕事を頼みたい相手がスモーカーである場合は、まともに依頼するよりも喫煙所で依頼した方がスムーズにいく場合もある。
また、仕事では直接係わらない部署の人とも「迫害者」同士で仲良くなれたりして、ネットワーク拡大にも役立つし、社内のウワサ話にも詳しくなる(笑)
OLが給湯室でヒソヒソ話をするようなものかな。

大学でもケムトモ・ネットワークが役に立っている。
クラスで一番優秀だと僕が思っている同級生もスモーカーで、授業で聞き取れなかった部分や日本人には理解し難いアメリカ人の思考回路について、いつも教えてもらっている。
授業が終わる度に改まって質問すれば当然ウザがられるけど、喫煙所に行けば大抵彼がいるので、何気なく近づいて、"How's it going? ..... Btw, the professor said ....."と話しかければ、自然な形で僕が知りたい情報が入手できるのである。

また、今学期受講しているキャピタル・マーケットの教授は英語の訛りがきつく、しかもかなり早口で話すため、ついていくのが結構しんどい。
f0081958_10203937.jpgそんな話を喫煙所でしていたら、ある女性がノートをコピーさせてくれた。
彼女と僕は違うクラスで、選択科目が始まった今学期になって初めて同じ授業を受講することになったんだけど、ケムトモとして入学当初から仲良くしていたから、こういう恩恵が得られたのである。
逆に、彼女は(恐らく優秀な)弁護士だけど数字系には強くないから、僕がファイナンス系の宿題を手伝ってあげることもある。
読めない字を書くアメリカ人が多い中、なんてきれいな文字!


・・・とまあ、タバコを美化するつもりは全く無いんだけど、「たまにはいい事もあるんだよ」というお話でした。

f0081958_1021460.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-30 10:36 | 雑感
ヒコーキ雲

f0081958_1212717.jpg


飛行機雲ができやすい条件って何だろう・・・ 湿度?気温?気圧?
良く分からないけど、連休中にやたら飛行機雲が多い日があった。

NYCは近くに3つの大きな空港があることから、空を見上げれば大抵飛行機が目に入るけど、この日は全ての飛行機が美しい直線を青空に描いていた。


f0081958_12122999.jpg


f0081958_12124555.jpg


f0081958_12125889.jpg


f0081958_12131218.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-29 12:19 | NYライフ
ゴキゲンな朝

f0081958_12211486.jpg


f0081958_12212536.jpg


f0081958_12213687.jpg


f0081958_12215090.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-27 13:44 | NYライフ
連休3日目
今日は勉強の日。
でも、午後にちょっと出かけてみたら、街はどこもすごい混雑。
クリスマスモード一色になっていた。


f0081958_14403034.jpg


f0081958_14405152.jpg


f0081958_14412581.jpg


f0081958_144142100.jpg


f0081958_1442334.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-26 14:49 | NYライフ
体重別運賃の是非
飛行機に乗る時、隣に座る人がどういう人かが気になるのは僕だけじゃないと思う。
うるさい人、しょっちゅうトイレに行く人、やたら動く人、等々・・・
でも、アメリカで飛行機に乗る時、一番迷惑なのが太った人だ。

f0081958_1338747.jpg


彼らは日本の太めの人とはレベルが違うので、「エコノミーのシートによく収まったな」と感心するほど。
普通には座れないので、お尻のお肉を持ち上げてシートに体を押し込んでいるのを何度も見たことがある。
座った後も大変で、肩幅がシート幅よりはるかに広いので、当然隣の人の「空間」を侵略することになる。
先日のアラバマ出張の時も、前の列の女性がこれを理由に席を変えてもらっていた。

こうしたことに加え、ジェット燃料の高騰も手伝って、何年か前に「体重別運賃」なるものの導入を検討した航空会社があったような記憶がある。
あれってどうなったのかな?
太った人達から「差別だ」とか言われて断念したんだっけ。

個人的には、体重別運賃は是非とも導入してもらいたい。
細かい体重区分を設けるんじゃなくて、一定以上の重量の人に加算運賃を課すなど。
でも、何キロ以上にするかという線引きの部分でモメたりするのかな。

こういう話をすると、やはり多くの人から「差別だ」と言われてしまうような気がする。
でも、本当に差別なのか?

反論 その1
反対派の人達は遺伝的なものを理由に差別だと主張するんだろうけど、真偽のほどはどうなんだろう。
どう考えても、僕には「自業自得」、「因果応報」にしか思えない。
太っている人は食事以外の時間でも何かしら口に運んでいて、歩いている時でさえムシャムシャやっている人もいる。
「仮に」遺伝的に太りやすい体質なんだったら、それを考慮して普通の人より摂取量を控えるのが常識じゃないのか。
マックを食べ過ぎて太った人がマックを訴えちゃったりする国だから、こんな事を言っても理解されないんだろうけど、太ってしまったことを他人のせいにするなんて、愚の骨頂だと思う。

反論 その2
「仮に」遺伝的に太りやすい人が限度を超えて太ってしまったとして、それに応じて加算運賃を請求されるのが何で差別なんだ?
例えば、日本人は近眼の人が多いけど、近眼は遺伝的な要素が大きいと思う。
だとすると、「遺伝的に」近眼の人は、メガネやコンタクトレンズの購入といった形で近眼ではない人よりもコストを払っているわけだけど、これも差別ってことになるのか?
僕は裸眼視力が0.1も無い近眼で、コンタクトとメガネを20年くらい併用してるけど、相当なコストを払ってきたぞ。(近眼の理由は遺伝であって、ゲームのしすぎではない、はず。。。)
視力以外にも、先天的な病気を患っている人だっているわけだし。
人は多かれ少なかれ遺伝的に差があるわけで、それに応じてコストが発生するのは仕方が無いことなんじゃないかな。
まあ、「限度を超えた肥満」の殆どは遺伝が理由じゃないと思うけど。


・・・と、こういう事をギリギリと主張しようというつもりはなく、「お互い理解しあって上手くやっていこうよ」という意見も理解できるんだけど、アメリカに来て飛行機に乗る度に隣に誰が来るかを心配しなきゃいけない状況を経験すると、ちょっと言ってみたくもなるのである。
それとも、僕の心が狭いのか?

また、米系航空会社の航空機はボーイング社製が多いと思うんだけど、アメリカの会社だったらあんなに狭いシートを作るなよ、航空会社も発注するなよ。
でも、経営が傾いている航空会社が多い現状を考えると、シート幅を広くして座席数を減らすような動きは出てきそうにないな。


f0081958_13453917.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-25 15:25 | 雑感
連休
今日11/23はサンクスギビングデーのため、米国は祝日。
多くの人が実家等に帰って家族と共に食事をしたりするらしく、ニュースでは4千万人弱が帰省や旅行をすると言っていた。

明日、金曜日は祝日ではないものの、多くの人が休暇を取って4連休にするらしく、うちのアパートも人の気配があまり無い。
マーケットも確か午前中だけだったような気がする。

今日は恒例となっているMacy'sのパレードがあった。
毎年、ピカチュウなどの巨大バルーンが行進することで有名で、日本でもニュースで放映されているかもしれない。

でも、今日はあいにくの雨。
朝のニュースでは、"Rainy, Windy, and Chilly"(雨、風、寒)と最悪なことを言っていた。
以前、巨大バルーンが街灯等に接触し、落下した街灯で怪我をした人がいたので、開催するかどうかは直前まで決まらなかったみたいだけど、最終的には決行。
悪天候にもかかわらず、大勢の人が見物に訪れたらしい。

f0081958_10181643.jpg
強風のため例年よりバルーンの位置が低い。

f0081958_10165358.jpg
寒そう・・・
(写真は2枚ともNew York Timesから)



僕はこうした恒例行事にあまり興味が無いし、天気も悪いので、アパートに引きこもり。
ただ、うちのすぐ近くをパレードが通過するため、楽器の音や歓声が聞こえてきたから、アパートの屋上に行ってちょっとだけ眺めてきた。

f0081958_10192854.jpg
ビルの陰で「全身」は見えない。

f0081958_10194586.jpg
3倍ズームだとこれが限界。



とまあ、世間はお休みモードだし、会社の同僚もみな旅行に行っているわけだけど、僕は大学が学期末に向けて慌しくなってきたせいで、お勉強モード。
昨日の夜も「やな感じ」のメールが大学スタッフから届いた。(以下抜粋)


メール①(Global Econ)

We covered a lot in the last class. We completed sessions #14 and #15 "Asset Markets: Money Supply, Demand, Inflation" as per the syllabus, which is AB Chapter 7 (pp 245-269) and Chapter 14 (pp 521-539). We *strongly* recommend that you review these two chapters and the course packet pages 159-177.
(前回の授業では多くの分野を(急いで)カバーしたので、復習しておくように。)

Additionally, the professor asked for us PRIOR to our next class to complete the AB Chapter 8.1-8.3 (pp 275-296), and 9.1-9.3 (pp 308-319), to preview course packet pages 178-187, and to (optionally) complete P.S. #5 as preparation.
(次回の授業でやる範囲を予習しとけ、と教授から指示あり。)


メール②(Capital Markets ←評判の悪い教授のクラス)

Going forward, we plan to cover all remaining content according to the syllabus for meetings 15-21, which covers chapters 16-19, and 22-26.
(今後(3週間で)**と**を授業でやる予定 → 教科書400ページ以上!)

This email is *not* binding, and the professor reserves the right to change this working definition before our next class.
(でも、これは最終確定ではなく、教授が予定を変更するかもしれない ← 変更すんなよ!)

As a reminder, our last two weekends of class and the final are on three *consecutive* weekends, which is highly compressed. We will not much time between classes either to "catch-up" or "get ahead." We have a lot of dense material left to go, so use your time wisely!
(学期末は授業と期末試験で忙しくなるので、効率的に時間を使うように ←「効率的」に勉強できるように、宿題の締切や試験範囲を早く確定させろよ!)


このタイミングでこういうメールが届くのは、「サンクスギビングだからと言って休んでいないで勉強しろよ」というプレッシャーを与えるため。
言われなくても分かってるよ、いい大人なんだから。
両メールとも、"Happy Thanksgiving!"で始まっているのが「嫌味感」を増幅している。

これ以外の授業でも、自宅でながーい試験を受けなきゃいけなかったりで、12月は大変なことになりそうだ。
仕事がヒマだったらいいけど、忙しかったら死亡するな、たぶん。


と言いつつ、明日はゴルフ!
暖かくて天気も良いらしいから、勉強なんかしてる場合じゃない。
[PR]
by nycyn | 2006-11-24 11:25 | NYライフ
アラバマ
昨日、アラバマまで出張で行ってきた。
日帰りで。
NYからアラバマまでは大した距離じゃないけど、僕が行ったのはアラバマの田舎でNYからの直行便が無いので、結構時間がかかる。

朝5時に家を出てラガーディア空港へ行き、まずはオハイオ州シンシナティへ。
シンシナティのイメージはあまり無く、大リーグ・レッズの本拠地であることと、治安のワースト都市ランキングで常に上位に入っていることくらいしか知らない。
空港は結構大きくて立派なんだけど、スーツを着ている人が少ないのが印象的だった。

シンシナティからは座席が1列と2列、合計3列の超小型飛行機に乗ってアラバマ州ハンツビルへ。
こんな田舎へ行く人はあまりいないのか、30席程度しかない機内は半分以上が空席だった。

f0081958_10123855.jpg


ハンツビルはNASAのセンターがあることから、空港にも宇宙やロケットの写真・模型が飾られているけど、人が少ないのでもの寂しい感じ。
田舎なのに何でこんなに大きな空港を作ったのか不思議な感じがする。

f0081958_10132250.jpg
ハンツビル上空、地面が赤い。


到着して外に出てみると・・・寒い。
南部というイメージから暖かいと思ってしまうのだが、どうやら今年一番の冷え込みらしく、最低気温は氷点下とNYより寒い。
普段はこんなに寒くないらしいけど。


空港からは予約していたレンタカーに乗って目的地へ。

f0081958_10142132.jpg
時速90マイル(約140km/h)で撮影、ちょっと恐い。


余裕を持ってスケジュールを組んでいたので約束の時間まで1時間弱あり、車で寄り道でもしながら行こうと思うのだが、田舎すぎて寄るところが無い。。。
仕方が無いので、牛でも眺めてみることにした。

f0081958_101446100.jpg
写真を撮っていたら・・・


f0081958_1015453.jpg
牛が寄ってきてしまい、ガン見される。。。



ミーティングは無事終了し、空港へ戻る。

帰りはシンシナティ経由ではなく、「風と共に去りぬ」の舞台であるジョージア州アトランタへ。
ウィキペディアによると、アトランタ空港は「世界で最も利用者の多い空港の一つ」らしく、かなり巨大だ。
なお、シンシナティ同様、アトランタも治安のワースト都市ランキングの常連である。

アトランタで再度飛行機を乗り換え、ニューヨークに戻ってきたのは夜だった。



それぞれの飛行機に乗っている時間は1~3時間なんだけど、4回も乗り降りを繰り返したら結構疲れた。
直行便があれば、一日がかりで行かなくても済むんだけどな。

出張や旅行をすると、アメリカは本当に広いなと思う。
先日、「日本が戦争しても勝てないはず」といったコメントをいただいたけど、僕はこの広大な国土を意識するたびにそう思う。
いやいや、すごい国だよ。

ところで、アラバマってどこにあるか、イメージできますか?

今回の出張でも結構な距離を移動したような気がするのに、実際はこれだけ・・・
f0081958_1016981.jpg


それだけに飛行機網が発達しており、地方の空港とは言っても、小屋のような日本の地方空港とはレベルが違うのである。

そんな広いアメリカ、僕は8つの州にしか行ったことが無いけど、今回のオハイオとジョージアは飛行機を乗り換えただけで空港から外には出ていないから、「行ったことがある州リスト」には加えられないな。
出来ればこっちにいる間に中央部のミステリアス?な州にも行ってみたいと思っているけど、行っても1時間くらいで飽きてしまいそうだから、多分行かない。
[PR]
by nycyn | 2006-11-23 10:44 | 旅行・出張
中間試験
昨日でやっと中間試験も終わり。
と言いつつ、1ヵ月後には期末試験を迎え、あっという間に3学期も終わってしまいそうだ。

試験期間中とは言っても普通に授業はあるので、予習と試験勉強を同時にするのは結構しんどい。
特に今週末は2日間で6コのケースがあり、あまり前に予習すると授業までに内容を忘れてしまうので直前にやりたいんだけど、直前は試験対策に充てたいし・・・、とジレンマに陥るのである。
毎日3つのケースをずっとやり続けるHBSの人達の苦労が分かる気がする。

また、昨日の試験は午前中だったから、3時間の試験の後に6時間の授業を受けると、最後は僕だけじゃなくて殆どの人が放心状態。
授業中は滅多に居眠りをしないアメリカ人だけど、昨日は「落ちて」いるアメリカ人を何人か見た。


で、昨日の試験はキャピタル・マーケットだった。
この授業については以前にも書いた通り、教授の評判がすこぶる悪い。
授業では関係ない話をする時間が長いくせに、試験範囲は異常に広く(教科書300ページ以上)、多くの生徒がブーたれていた。

試験は計算と記述が半々で問題数は結構多く、僕は全部解くことが出来なかった。
試験が終わってみんなと話していたら、どうやらみんな出来なかったみたいで、口々に教授への文句を言っている。

帰りの地下鉄では6人のクラスメートと一緒だったんだけど、試験終了から7時間たってもまだ文句を言っている。
その内容はこんな感じ。

・授業で習った内容と試験内容があまりに違いすぎる。
・授業中は雑談みたいな話に終始し、細かい事は自分でやっとけというスタンスは嫌いだ。
・出題されたInverse Floaterなんて授業中に聞いた事ないし、教科書にも載っていない。

だんだんエスカレートしてくると・・・

・生徒を当てる時、目の前まで来て指差しする態度は失礼だ。
・お気に入りの女子生徒の時だけ話し方がいやらしい。(←教授は男)
・宿題や試験に関する連絡が遅いと非難された時、「文化の違い」と言って逃げやがった。
・だいたいアイツはどこ出身なんだ?(→オーストリアらしい)
・オーストリアでも嫌われ者なんだろう、どうせ。

なんて、試験とは関係の無い話まで出てきて、収拾がつかない感じ。
みんな地下鉄の中ということを忘れて大声で話していた。

みんなには悪いけど、こういうのを聞いているととても面白い。
彼らの価値観がわかるし、大雑把に見えて細かいことを良く覚えているなと感心する。
また、個人的には「細かい事は自分でやっとけ」でいいと思うんだけど、議論しながら学ぶスタイルが好きなアメリカ人が多いんだな、と改めて思った。


こんな調子で今後も授業は続くんだけど、残り1ヵ月大丈夫かな。
授業中に生徒と教授が喧嘩を始めたりするかも。
そして、それをどこかで期待している僕がいる。。。


f0081958_11504040.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-20 14:31 | MBA
11月中旬です。

f0081958_1322238.jpg

しばらく雨っぽい天気が続いていたけど、今日は久しぶりに晴れた。
気温も結構高めで、朝早く家を出て大学に向かったけど、薄手の上着でも大丈夫だった。

とは言え、もう11月中旬です。


f0081958_1341648.jpg
11月中旬です。


f0081958_1343140.jpg
11月中旬・・・です。


f0081958_1345013.jpg
11月・・・
[PR]
by nycyn | 2006-11-18 13:25 | NYライフ
Lord & Taylor

f0081958_10342211.jpg


f0081958_1034545.jpg


f0081958_10352124.jpg


f0081958_1035436.jpg


f0081958_10355771.jpg


f0081958_10402333.jpg


Holiday Animated Windows
11/14/2006-01/01/2007

Lord & Taylor's Holiday Animated Windows, November 14, 2006 through January 1, 2007. As we have done for more than 80 years. Lord & Taylor brings again the wonder that is Christmas to New Yorkers and visitors, young and old. Inspired on vintage postcards, It's a Gift of Joy! showcases pages from a magical family scrapbook through six decades of Chrismas celebrations. Personal comments and mementos are used to develop the stories while the "photographs" are encased in exquisite period frames. Whimsical large mechanicals have been introduced to our usual mix of superbly executed animated figures. Each of the legendary Fifth Avenue windows reveal memories of happy past holiday seasons and all the wonderful things that mean Christmas. Charming scenes of elaborate historical detail convey the universal emotions that symbolize the spirit of the season: Love, Harmony, Peach, Family Unity, Hope and Joy.
Lord & Taylor's Website

[PR]
by nycyn | 2006-11-17 10:52 | NYライフ