NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
締切の意義
前にも書いたけど、僕の大学における締切の位置づけについて戸惑っている。
過去2週間だけで、3つの宿題の締切が変更(延長)された。
締切の延長自体は喜んでいい話なんだけど、僕の場合はちょっと複雑。

僕は授業が終わると、次の授業までにやらなければならない宿題と予習を全部書き出し、自分の仕事のスケジュールも勘案して、どの順番でいつまでに何をやるのが最も効率的かを考えるようにしている。
例えば、作業系の宿題はすぐに片付け、次の授業に関連する宿題や予習はなるべく後回しにして効果的に授業を受けられるようにする、など。
だから、途中で締切が変更されると、自分が最適と思っていたスケジュールが崩されるようで、あまり気分がよろしくない。


今回は宿題が5つ、ケースの予習が7つといつもより多く、さらに試験もあるから、宿題はとっとと終わらせようと頑張っていた。
そんな中、またしてもゴンザレスにやられたよ。
今回は締切の延長じゃなくて、宿題自体を無くしてやる、だって。
以下は教授からのメール。

Given that we have not yet covered the Weighted Average Cost of Capital (WACC) material in class, it is no longer a required assignment. As a result, I will not be expecting a printed write-up on it.

はい、もうこの宿題は終えましたよ。
この宿題は作業量が多くて時間がかかることが分かっていたから、授業の翌日に真っ先に取り組んだ。
WACCは知ってたけど細かいところは忘れてたから、ちゃんと教科書を読んだし、面倒な計算も時間をかけてやった。

宿題をやったことは自分の勉強になるし、別に構わない。
でも、僕らはフルタイムの仕事を持ちつつ大学に通っているわけで、限られた時間の中で今週のように大量の宿題と試験勉強をしなければならない状況下では、全てを全力でこなすのは不可能。
この宿題が最初から無ければ他の宿題や試験勉強に力を入れられたと思うと、残念だ。


僕は日本にいた頃、他の部署に指示を出して仕事をお願いすることが多かった。
人に指示を出す場合、指示が遅れたり間違っていたりすると、多くの人に迷惑がかかる。
だから、締切や指示の内容には細心の注意を払っていたし、人よりも一週間は早いスケジュールで動くようにしていた。
そんな僕の気持ちは、ゴンザレスには絶対に理解できないんだろうな。


と、このブログを書いていたら、スタディグループのトルコ人からメールが。

Thanks for sending your solution. Regardless of what the prof says, I am sure that it will be really useful to all of us. I didn't have a chance to look it over, yet. But, thanks for your help and being ahead of the curve :))

うーん、いい奴すぎるぞ、トルコ。
その一言で救われたよ。

f0081958_103850100.jpg
(左から、ロシア、トルコ、中国)
[PR]
by nycyn | 2006-07-12 10:56 | MBA
2学期も半ば
久しぶりに天気の良い週末だったけど、かなり忙しかった。

金曜日は朝から授業で、通常の授業終了後にBeer Gameなるものをやる。
オペレーションの授業の一環で、4人一組で工場・問屋・倉庫・小売に分かれ、それぞれが最適な在庫管理を目指すというパソコンゲーム。
Beer Gameということで、ピザとビールが用意され、みんなで飲みながらわいわい。
約10時間の授業を受けた後に酔っ払ったアメリカ人がゲームをやってるから、まとまるわけがなく、僕のチームも教授の説明はロクに聞かずにテキトーにやっていたけど、まあまあの成績だった。
楽しかったけど、帰ってから翌日の授業の準備をするのは辛かった。。。

f0081958_9573893.jpg

土曜日も朝7時からびっちり授業。
前日の疲れが残っていて午後の授業は眠かったけど、なんとか寝ずにがんばる。
マーケティングの授業では毎回何人かがケーススタディの論点などを説明するように求められ(いわゆるCold Call)、毎回その時間になるとみんなシーンとして「指名するなよ」というオーラを発している。
僕は前回の授業で指名されていたからリラックスしていたら、なんと2回連続で指名された。
これまで2回指名された人はいなかったから、僕だけじゃなくクラス全体が驚いていた。
ケースの内容は04年の大統領選挙で、ケリーの敗北をマーケティングの観点から振り返るというもの。
大統領選挙なんてそんなに詳しくは知らなかったけど、「ケリーは主張に一貫性が無く、個性が薄くて差別化できず、全般的に受動的だった」みたいなことを思いつきで発言したら、意外と的を得ていたみたい。

授業の後は同じ大学のPhDコースの科学者ブロガーとディナー。
彼の発想は僕の周囲にいる人の発想とは違うことが多く、話していてとても面白い。
仕事と大学に没頭している僕にとっては、一方向に固まってしまいがちな思考回路をニュートラルに戻してくれる良い機会だった。

f0081958_9575526.jpgその後、クラスメートの誕生日パーティーに途中参加。
10時間の授業の後だし、ディナーの時にもビールを飲んでいたから、パーティー会場に着いた時は既にグダグダな感じ。
毎度おなじみの「ギュウギュウづめ&立ち飲み」にうんざりしつつも、しんどい週末が終わったことの開放感に浸る。
2時間くらいするとさすがに疲れてきて、大声で話していたせいで喉も痛くなってきたから、こっそりと抜け出して帰ってきた。


つい先日合宿に行って学期が始まったばかりと思っていたけど、2学期も既に中盤にさしかかり、予習も宿題もかなり量が多くなってきた。
再来週には試験もある。

ワールドカップも終わったことだし、ちゃんと勉強しないと。
[PR]
by nycyn | 2006-07-10 10:06 | MBA
空の色
ブログを始めてから写真を撮るようになり、写真を始めてから空をよく見るようになった。
「おっ、今日は空気が澄んでいるぞ」なんて、以前は絶対に思わなかった。

陽がさしている時と陰っている時では空の青さが違うし、撮り方によっても違う色になる。

空は面白いねえ。


f0081958_1074243.jpg


f0081958_1075913.jpg


f0081958_100069.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-07-07 10:13 | NYライフ
独立記念日
7月4日の独立記念日には、毎年盛大な花火が行われる。
あちこちでやっているらしく、遠くの方でやっているものを含めれば、僕のアパートからだけでも10ヵ所くらいの花火が見えた。
ちなみに、これを書いている午前1時前でもニュージャージーの方でまだやっている。

マンハッタンでも複数の花火が上がり、運の良いことにイーストリバーの花火はちょうど僕のアパートの目の前。
ということで、連写連写で写真を撮りまくったので、まともに撮れた奴をご紹介。

f0081958_13404125.jpg

f0081958_1341439.jpg

f0081958_13411869.jpg

f0081958_13413386.jpg

f0081958_13415556.jpg

f0081958_13422945.jpg

f0081958_13425051.jpg

f0081958_1343746.jpg

f0081958_13431878.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-07-05 13:51 | NYライフ
夕日のなぞ
さっき、外を見ていたら、数分間でみるみる空の色が変わっていった。

f0081958_9433024.jpg

これが数分後には・・

f0081958_944154.jpg

アパートの陰に隠れてよく見えないから、屋上まで行ってみると・・

f0081958_944384.jpg

大粒の雨が降ってきたから、急いで部屋に戻ると・・

f0081958_945199.jpg

元の色に戻っていた。

夕日が赤くなるのは太陽光が空気の層を通過する距離が長いほど赤くなるはず。
ってことは、沈めば沈むほど赤くなるはずだよな。
だとすると、今日の夕日の色の変化は説明がつかない。
・・・まあいいや。


7/4(火)は独立記念日(祝日)。
多くの会社は明日も休みにして4連休になるらしい。
僕は日系だから、暦通り明日は出社。
日系企業(特に金融機関)のこういうケチなところ、何とかして欲しいもんだ。
[PR]
by nycyn | 2006-07-03 10:59 | NYライフ
クラウチ
今日のブラジル対フランスもすごい試合だった。ブラジルがどうこうというより、フランスが絶好調。あの恵まれた体格の選手があれだけ機敏に連携して動けば、そりゃ強いよ。韓国に引き分けられ、予選通過も危うかったチームとはとても思えない。フランスが今日の調子を維持できれば優勝しちゃうんじゃないの、と思った。デコが戻ってくるポルトガルとブラジルのテクニック対決も見たかったけど、仕方ない。


その前のイングランド対ポルトガルの試合は、ブラジル対フランス戦に比べるとちょっと地味。お互いのチームの攻撃陣がともにフラストレーションを感じるような試合展開だった。

そんな中、僕の「お気に入り」のクラウチが後半から登場。このクラウチ、別にサッカーの観点から好きなわけじゃなくて、見ていると何故かこっけいだから。
f0081958_1065338.jpg
(写真はYohooから)

この写真の通り、クラウチはやたらとデカい。プロフィールでは198cmになってるけど、もっと高いとの噂もある。彼が出場した試合を見ていると、馬の群にキリンが紛れ込んだような感じがして、どうしてもニヤけてしまう。

で、昨日送られてきた某投資銀行のレポートにクラウチの特集があって、とってもくだらないんだけど、僕は結構笑ってしまった。

他の人にとって面白いのかどうか分からないけど、以下はそのレポートの抜粋。

* * * * *

今日はこのピ-ター・クラウチにスポット・ライトを当ててみたいと思います。クラウチは長身だけでなく、小回りが利く、何でもこなせるオールラウンドな選手です。その証拠写真をいくつかご紹介したいと思います。。。

フィールド上でのクラウチ。。。
f0081958_10192829.jpg

バスケットボールコート上のクラウチ。。。
f0081958_1020478.jpg

ハードルをこなすクラウチ。。。
f0081958_10202988.jpg

水泳のクラウチ。。。
f0081958_10205366.jpg

タイミングの良いクラウチ。。。
f0081958_10211739.jpg

勉強ができるクラウチ。。。
f0081958_10214224.jpg


動物園でのクラウチ。。。
f0081958_1022765.jpg

進化するクラウチ。。。
f0081958_10223118.jpg

ネバー・エンディング・ストーリーなクラウチ。。。
f0081958_10225896.jpg

(抜粋おわり)
[PR]
by nycyn | 2006-07-02 10:31 | その他