NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
2006年 09月 08日 ( 1 )
欧州旅行 -プラハ-
f0081958_11504164.gif
今回の旅行の主目的である街、プラハ。
英語ではプラーグ(Prague)。


そもそもプラハに行ってみたいと思ったのはずっと昔で、中学の時に INXS というバンドの歌 Never Tear Us Apart のプロモーションビデオを見たのがきっかけ。
このビデオのロケ地がプラハで、理由は良く分からないけど、東欧の寂寥とした雰囲気に触れてみたいと思った。
因みに、そのビデオは コチラ (←プラハに行こうと思っている人は必見!)

数年前の洪水で街は壊滅的な打撃を受け、現在はほぼ復興したと聞いていて、古めかしい街が近代的になってしまったのではと心配していたけど、そんなことは無かった。
まだ建設中(復興中)の建物もいくつかあったけど、昔からの景観を損なわないような形で復興されていてほっとした。

観光スポットが集中するプラハ中心部は完全に観光の街であり、歩いている人の9割は観光客だった。
とてもこじんまりとした街で、景色を見てまわるだけなら1日で十分観光できてしまう。

なお、滞在中はずっと曇り時々雨、たまに晴れ間が見えるといった天気で、写真を撮る観点からはとてもキビシかった。
こういった天気の方が僕のプラハのイメージには合っているんだけど・・・


【 プラハの町並み 】

f0081958_10512732.jpg


f0081958_10514369.jpg


f0081958_10515431.jpg
濡れた路面と薄暗い空、この寂しさが東欧のイメージにぴったり。

f0081958_10521986.jpg


f0081958_10523143.jpg
ここはヴァーツラフ広場、奥に見えるのは国立博物館。
この辺りはプラハで最も賑やかで、観光客よりも地元の人が多かった。
特に、ブラブラと暇そうに歩いている若者が多く、どこか渋谷っぽい感じがした。


【 旧市街広場 】

f0081958_1059338.jpg
観光地区の中央に位置し最も観光客が多く集まる場所、真ん中はヤン・フス像

f0081958_110381.jpg
聖ミクラーシュ協会

f0081958_1101634.jpg
奥の高い建物はティーン聖母教会

f0081958_1103498.jpg


f0081958_1105042.jpg
左の高い建物は時計塔

f0081958_111345.jpg



【 時計塔 】

f0081958_1163089.jpg
プロモーションビデオの最後にチラッと写る時計がコレ

f0081958_1164957.jpg
時計塔内部

f0081958_117689.jpg
時計塔からの眺め、左奥はプラハ城

f0081958_1171896.jpg


f0081958_1172979.jpg



【 カレル橋 】

f0081958_11112266.jpg
ビデオで何度も登場する橋がコレ

f0081958_11114872.jpg


f0081958_111275.jpg


f0081958_11122893.jpg
雨上がりの空に虹!

f0081958_11123952.jpg


f0081958_1112497.jpg



【 プラハ城 】

f0081958_1116328.jpg
カレル橋から見たプラハ城

f0081958_1118234.jpg
聖ヴィート協会

f0081958_11183925.jpg
広角のカメラが欲しくなる瞬間・・

f0081958_11194862.jpg


f0081958_11185290.jpg


f0081958_1119391.jpg


f0081958_11192928.jpg


f0081958_1120190.jpg
プラハ城から見る旧市街

f0081958_1120122.jpg


f0081958_11202536.jpg



【 その他 】

f0081958_11253727.jpg
プラハの居酒屋、チェコ人の一人当たりビール消費量は世界一!

f0081958_11255847.jpg
僕がハマッたビーフシチュー、右のパンみたいなやつ(クネドリーキ)がモチモチしてて最高!

f0081958_11264937.jpg
あちこちで売っていた人形



以上、大満足のプラハだった。
晴れた日のプラハを写真に撮ってみたかったけど、これは贅沢かな。


ホテルのロビーに置いてあった経済誌をパラパラ見ていたら「チェコの消費者信頼感指数が過去最高」なんて書いてあったけど、歩いている人の大半が観光客だから、好景気という雰囲気は特に感じられなかった。
洪水からの復興需要で潤っているだけなのかな?(←調べろよ)

また、地元の人たちは先進国のようなスレた感じが無く、とても素朴な印象を受けた。
逆に言うと商売っ気が無く、両替所の窓口は空いていて中に人がいるのに、声をかけたら「クローズ!」と言われてしまった。。。
ベトナムに行った時も同じような印象を受けたけど、社会主義の名残なのかな・・・
でも、スレたニューヨーカーに慣れた僕にとっては、異国に来た感じがして良かった。



この後、明け方の電車に乗り、次の目的地ウィーンに向かった。

f0081958_11283894.jpg


f0081958_11285033.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-09-08 12:04 | 旅行・出張