NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
2006年 06月 01日 ( 1 )
学割
f0081958_11403872.jpgついに、今頃、iPod nano(4GB)を買った!これまでは何年も前に買ったRio(懐かしい・・)の256MBのやつを使ってて、容量が小さいからあまり沢山の曲が入らないけど、入れ替えるのが面倒だからずっと同じ曲を聴いていた。でも、4GBだと1000曲入るらしいから、入れ替えの心配も無いだろう。

僕はただいま学生(兼サラリーマン)。ってことは学割が使える。だから、iPodも学割で買うことが出来た。アップルのウェブサイトはよくできていて、どうやって僕が学生であることを確認するのかと思っていたら、アップルと大学のウェブサイトが連動してて、僕の大学のIDとパスワードを入力するだけで簡単に本人確認が終了した。日本にこういうシステムがあるのかどうか知らないけど、この手のウェブサイト技術は明らかにアメリカの方が上だと思う。

また、渡米してからパソコンを2台買ったけど、両方とも学割。特にノートブックは大学指定のもので、デルがうちの大学用にセットアップしたモデルだったから大幅割引が適用され、定価より1000ドル近く安く買うことが出来た。重さが1kgしかない超軽量モデルで、カバンに入れても全然重くないのが嬉しい。因みに、アメリカ人は15インチくらいまでのノートを「モバイル」と呼んでいて、女性でも3kg以上あるノートを持って大学に来ている。たくましいなあ・・・。

話はそれるけど、英語版ウィンドウズで日本語が使えることを知らない日本人が結構いるらしい。追加のソフトが必要なわけでもなく、数箇所をチョチョっといじるだけで1分で日本語が使えるようになり、Wordだとルビとか組み文字みたいな小技も可能。使わないけど、中国語や韓国語も同じように使える。恐るべし、マイクロソフト。

でも、一部のアメリカにいる日本人は日本から持ってきたパソコンが壊れた時、日本の定価の1.5倍もする日本語版ウィンドウズのパソコンをアメリカで買っているらしいけど、もったいなくないか。英語版だと「ファイル」とか「編集」といったツールバーの内容も英語だけど、僕はたまにエクセル関数のヘルプの意味が分からないことがある程度で、英語版でも殆ど不自由しない。(日本語版でもヘルプの意味が分からないこともあるし。)

話を元に戻すと、その学割で買ったiPodが今日届いたわけ。しかも、裏面に僕の名前入り。無料で2行まで文字を刻んでくれるサービスがあって、アメリカ人はメッセージみたいなものを刻むらしいけど、日本人的には「さぶっ」って思われそうだから、僕は学割に感謝して大学名と名前を刻んでもらった。

でも、せっかく届いたiPodをいじる時間が無い。。。

今週と来週は連続して授業があるのに宿題がこの2週間に集中してて、やってもやっても終わらない。来週は今週よりも忙しくなりそう。さらに、仕事で案件が3つも集中して来やがって会社でも家でも忙しいから、iPodをいじっている場合じゃないのだ。つい誘惑に負けてしまいそうだけど、今のところ持ちこたえている。でも、あー、おしゃれなiPodの箱を見てると・・・。

いかん、集中集中。次回のケーススタディはコルゲート。新商品の高機能歯ブラシのマーケティングプランを考えねばならん・・・。
[PR]
by nycyn | 2006-06-01 11:53 | その他