NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
経過報告

LASIKから2ヵ月くらい経ったので、その後の状況を書いてみます。

1ヵ月半前にはこんなことを書いていた。
手術から2週間弱経った現在、まだ視力が安定しておらず時間帯によって見え方が違うような気がするけど、メガネの時よりは明らかに遠くまで、コンタクトをしていた時と同じかもっと遠くまで見えている。
例えば、テレビを見ていると以前は見えにくかった細かい文字もクリアに見えるし、窓からの景色も以前よりくっきり見える。
一方、0.05から1.2~1.5まで劇的に視力が変化したので目の筋肉の使い方が違うらしく、大学で長時間授業を受けていると目が疲れるし、時々近くのものが見えにくくなったり物が少しぶれて見えることがある。
あと、暗い所では明るい時ほど視力が出ておらず、街灯等の光がにじんで見えるのと、コントラストが低下?(編みかけの中の文字が読みにくい等)した気がする。

この時と比較すると視力はかなり安定していて、時間帯によって見え方が違う状態は殆ど無く、朝起きてから寝るまで、コンスタントに良く見えている。
たまに目が疲れた感じがするけど、これはLASIK前にもあったことなので、たぶんLASIKとは関係ない。
1ヵ月前は近くのものがブレて見えたりもしたけど、それも無くなった。

一方、暗い場所で文字が見えにくいのは変わっていない。
LASIK後に暗い場所での視力が落ちるというのは複数のLASIK体験記に書いてあったので、全員とは言わなくてもちょくちょくある事例だと思う。
まあ、これで困るのは薄暗いバーでメニューを見る時くらいだし、目を近づければちゃんと見えるので別にいいけど。

その他、暗い所の光(街灯等)がにじんで見えるのも変わらず(所謂ハロー、グレア)。
これには理由があって、僕は平均より角膜が薄いのでレーザーを照射する範囲(直径)を通常より少し小さくしたため、瞳孔が開く暗い場所では瞳孔がレーザー照射範囲ぎりぎりまで大きくなり、それでハローやグレアが起こりやすいらしい。(普通のレーザー照射範囲の人でも起こるらしいけど。)
これは手術前に医者から説明を受け、それでもいいやと思って手術を受けたので、想定の範囲内。
そのうち無くなるかもしれないし、このままでも別に困らないから特に気にならない。

ということで、今のところ至って順調。
完全に安定するまでにはもう少しかかるらしいけど、現状に特別不満は無いのでこのままでもいいやって感じ。
生活のあらゆる場面でLASIKをして良かったと思う。

気になっている点と言えば、以前使っていたメガネとコンタクト関連グッズをどうするか・・・


f0081958_917248.jpg

[PR]
by nycyn | 2007-07-03 10:18 | その他