NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
早まるなよ

f0081958_1544991.jpg
ついに、NYは摂氏マイナスに突入した。
先週金曜日は20℃くらいまで上がったのに・・・
おかげで週末は危うく風邪を引くところだった。

そんな事はさておき、僕は週末に新聞を読まないので、月曜にまとめて読むことにしている。
今日はWSJの「Capital Flight」というタイトルの記事が気になって読んでみると、こんなことが書いてあった。

最近発表されたあるレポートによると、企業にとって規制や法令を遵守するためのコストが増加してきていることにより、アメリカ資本市場の競争力が失われている。
企業がIPO(株式公開)を行う際、米国ではなく欧州などの外国市場を選ぶケースが増えてきているのは周知のところ。
また、ベンチャー企業によるIPOが減少し、現在では90%のベンチャーがIPOではなくストラテジックバイヤーにより買収されることを選択しているが、これは価格・流動性の観点からベンチャーにとって不利である。
しかし、規制当局はこの問題を直視せず、「米国市場はコスト・ベネフィットの観点から理想的な市場である」と正当化している。
世界の資本市場間の競争は激化してきており、アメリカは過剰規制による痛手を受ける可能性が高まっている。

以前からこのブログをお読みいただいている方はお気づきかもしれないけど、以前に書いた 規制とコスト の議論と似たようなものである。
あの時は、日本の規制当局に比べて米国は柔軟だね、なんて書いたんだけど、今回の記事を読むとそうでもないのかな、と思ってしまう。
僕が見聞きした範囲では、抜本的な改正というよりは、一定規模以下の企業には適用しない、みたいな議論がなされているらしいけど。

なお、この記事の元になっているレポートはハーバード・ロースクールの教授やうちのビジネススクールの学長が主導しているものであり、それなりの反響があるのでは、と期待もできる。
一方で、規制を緩めた結果、何か問題が起これば規制当局が非難される可能性があるわけで、難しい問題だとは思うけど、是非とも「最適なコスト・ベネフィット」に向けて議論して欲しい。


で、日本の話になるんだけど、日本でも上記記事の元になっているSarbanes-Oxley法の日本版を来年にも導入するのでは、と言われている。
まあ、時代の流れ的にそうなるのかもしれないけど、記事のような「適正化」の動きがあることも念頭に置きながら議論して欲しいんだよね。

前回も書いたけど、規制当局は「規制を強化すれば良い」という風潮になってきている気がしてて、マスコミもそれを支持するような報道が多い。
例えば、12/3付Nikkei Netのこの報道

金融機関検査、顧客保護に重点・金融庁
 金融庁は来年度から、金融機関が預金やローンなどの利用者を保護する体制をきちんと整備しているか重点的に検査する。金融商品の販売をめぐるトラブルが相次いでいるためで、検査の指針(金融検査マニュアル)を抜本的に見直す。金融機関の内部管理体制を厳しく点検し、検査などを通じて法令違反が確認されれば、行政処分につながる可能性もある。
 金融庁は来年4月の検査から適用する指針の改定作業を進めており、年内にも公表する。現在は融資先の倒産で損失を被る「信用リスク」などリスク管理体制を重点項目に掲げているが、不良債権問題が峠を越したこともあり、顧客保護を新たな重点項目に加える方針が固まった。

ニュートラルに書いているようにも見えるけど、これを読んだ人の多くは「規制強化により顧客保護が推進されるだろう」という印象「だけ」を持つと思う。
でも、出来れば「これによって金融機関のコストが増加し、最終的には顧客にそのコストが転嫁されるかもしれないよ」って事まで書いて欲しいんだよね。(無理か・・・)
とは言いつつ、金融機関の不祥事もチョロチョロ出てきているから、どっちもどっちな部分もあるんだけど。。。

日経の記事にもある金融検査マニュアルについて、導入時の思想ではミニマム・スタンダード(必ず守るべきこと)とベスト・プラクティス(守ったほうが良いこと)に分かれていたはずなのに、今では全てがミニマム・スタンダード扱いされていて、マニュアルに書かれている事は全て守っていないとダメという、法律のような扱いになっているらしい。
どういう理由でそうなったのかは良く分からないけど、それが容認・支持されている雰囲気が気に食わない。

で、心配なのは、そういう雰囲気の中で日本がSOX法のような法令導入の議論を行っているということ。
僕の印象(偏見)だけど、外国の法令規則を収集して総集編のようなものを日本の基準として取り入れるのが大好きな当局が、米国(の一部)で「過剰規制」だと言われている法律を拠り所にしているかもしれないわけだ。
だから、「総集編」を作るにあたっては、せめて米国におけるSOX法見直しの結論が出てからにして欲しいな、と思うのである。

一方、lat37nさんのブログを拝見すると、現在検討中の法令によって発生するであろう(?)仕事をあてこんで、せっせと(胡散臭い)営業活動に勤しんでいる人達もいるらしいので、この議論がどうなるのかは全く分からない。


f0081958_14414676.jpg





Capital Flight
2 December 2006
The Wall Street Journal

It won't be news to readers of these columns that increased regulatory burdens and litigation costs are undermining the competitive position of America's capital markets. But this week's interim report from the blue-ribbon Committee on Capital Markets Regulation performs a public service by marshaling evidence of the decline that is hard to refute.

The committee, directed by Hal Scott of Harvard Law School and co-chaired by Glenn Hubbard and the Brookings Institution's John Thornton, is a privately funded, bipartisan group of executives and academics who have put their heads together to assess the state of our capital markets. Its first report is detailed and analytical, which may explain why Eliot Spitzer immediately attacked it.

It's well known that more large global IPOs are happening outside the United States, and the report notes this fact. But most regulators have chosen to explain away this trend rather than confront it. Charles Niemeier, a board member of the Public Company Accounting Oversight Board -- created by Sarbanes-Oxley -- even made the case in a prominent September speech that U.S. financial-market regulation was an optimal mix of costs and benefits. He said companies choosing to list abroad may do so because their managers or controlling shareholders prefer to engage in self-dealing that would be prohibited in the U.S.

Mr. Niemeier also argued that U.S. capital costs are lower than elsewhere in the world, implying that investors are still willing to pay a premium for companies that subject themselves to U.S. regulations. And U.S. capital costs are lower than elsewhere. But as the new report documents, that premium has been shrinking. What's more, it's been shrinking faster vis-a-vis other developed countries -- such as Japan and the U.K. -- than it has against developing-world markets.

This suggests that it is stiff competition from relatively well-regulated markets, not from shifty, nontransparent Third World markets, that is taking the biggest toll. This could mean that overseas regulation is improving, not that U.S. regulation is getting more onerous. But even if this were the case, it would not change the main point: Global capital markets are becoming more competitive, and the U.S. is now more likely to be punished for over-regulation than it was in the past.

The report also sheds light on some other significant financial trends. For example, the vast majority of those global IPOs -- over 90% -- that bypass the U.S. public markets still elect to sell their shares to so-called "qualified" U.S. investors. Qualified investors are institutions and individuals rich enough to buy stakes in these companies outside of the publicly traded equity markets. Like a hedge fund, a company that markets only to the very rich is not subject to most securities laws or Sarbox. So in other words, non-U.S. companies are still raising billions in the U.S. through IPOs. They're just doing it in a way that skirts most of our capital-market regulation.

Another warning sign is venture capital, long an engine of American economic growth. Traditionally, VC firms have used the U.S. IPO market as their exit strategy; in the 1990s, IPOs accounted for 90% of VC investment "exits." Today, however, nearly 90% of those venture-capital-backed startups are sold to strategic buyers in private transactions.

This has serious repercussions for the venture capitalist business model. For one thing, valuations are lower in private transactions and liquidity is poorer. Finding a strategic buyer can also prove more difficult than taking a company public, which is why private-equity firms have been increasingly scooping up startups incubated by VCs. "From 2001 to 2005," the report observes, "VC-backed private equity exits reaped a total of $94.85 billion, while VC-backed IPO exits raised only $12.06 billion." This is not a purely profit-driven trend, because valuations are generally lower in the less-liquid private markets. Rather, it is a reflection of where the money increasingly can be found.

Defenders of current regulation claim that the rise in private equity has been driven by low interest rates globally, and there's some truth in this. But that doesn't explain why so much of this global liquidity has gone into private equity rather than, say, the stock markets. The Hubbard-Scott report makes the case that overregulation and litigation risk are a big part of that reason.

Finally, it's worth noting that this report is not, despite some of the media sniping, a laissez-faire manifesto. It recommends no legislative changes to Sarbanes-Oxley, for example, only more rational regulatory interpretation of that misbegotten statute. We don't have the space today to discuss all of its many useful recommendations, 32 in all. But the report's best contribution is the seriousness with which it examines the evidence of U.S. competitive decline -- evidence that defenders of the status quo should now be obliged to answer.
[PR]
by nycyn | 2006-12-05 15:12 | 雑感