NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
X460
先日買ったゴルフクラブで練習するため、チェルシー・ピアの打ちっぱなしに週末行ってきた。
f0081958_12543818.jpg

ピカピカのX460を取り出し、1球目からいきなりドライバーのフルスイング。
f0081958_12501142.jpg

まず最初に、音がすごい。
他のクラブよりもずっと高い金属音が響くため、周りの人も「ナンだ!」という感じで見ている。
隣で練習していた子供は、僕が打っているのをずっと見つめていたくらい。

で、肝心のボールは・・・ことごとく右へ・・・
何でだ?
最初はまっすぐ飛び出したボールでも、途中からスライスがかかるのである。

色々打ち方を変えてみると、強引に真っ直ぐ~左側に持っていくことは出来ても、逆にフックの確率が高くなる。
ちくしょう、せっかく買ったのに・・・、と思って何度も何度も打ち方を変えて打ったけど、どうしても納得のいく球が飛ばない。
ゴルフ屋の狭い試打室じゃ、そんなの分からなかったけど。


僕の分析によると、どうやら調子(キックポイント)が合っていないことが原因のようだ。

僕は長年テニスをやっていたせいか、スイングがインサイド・アウトになっていて、この打ち方じゃないと力が出ない。
これまでは、ボールを前の方(左足寄り)に置き、クラブヘッドが返った後にボールを捉えることでプッシュアウトを防いできた(つもり)だけど、どうも新しいクラブだとクラブヘッドの返りが弱いらしく、返りきらないヘッド(ヘッドが開いた状態)でボールを捉えているため、スライス回転がかかってしまうようだ。
(↑素人分析につき、間違っている可能性あり)

後からネットで調べて知ったんだけど、僕の打ち方でクラブヘッドを返すためには、シャフトの先(クラブヘッドに近い部分)が「しなる」やつ(先調子)じゃないとダメらしい。
でも、新しいクラブのシャフトには「Kick Point: High」(手元調子=先調子の逆)と書いてあった。
買った時点では「調子」なんて言葉を知らなかったからな・・・


ってことは、ダメじゃん。

f0081958_1302460.jpg


どうしよう。

中古屋に売る?
でも、買ったばかりなのにディスカウントされるのはムカつくな。

待てよ、ここはアメリカ、返品天国だ。
「中古の買取」じゃなくて「新品の返品」にすれば良いのでは?
殆ど傷も付いていないし。
いや、実は既に200球以上打っているから、光に当ててクラブヘッドを見ると、細かい傷は結構付いているんだけどね。

で、買った店に持って行って「ちょっとだけ打ってみたけど合わないから、リファンドしてくれ」と言ってみたら、店員は多少渋い顔をしていたけど、オッケーしてくれた!
しかも、税金分まで返ってきた!

いやー、やっぱアメリカはこういう所がいいよね。

ってことは、「新品購入→打ちっぱなし→返品」が何度でも出来るってことか。
一回くらいコースに持っていっても大丈夫そうな勢いだ。


クラブ代が全額返ってきたのはいいんだけど、自分に合ったクラブ探しは振り出しに戻ってしまった。
次回のクラブ探しテーマは、今回学んだ「先調子」に加えて、ヘッドを返しやすいバランス(D1とかいう単位)に注意すること。
これまでクラブに拘りが無かったもんで、こういう事を殆ど知らなかったけど、やっぱちゃんと勉強してから買わなきゃいけないね。


以下はチェルシー・ピア周辺。


f0081958_130456.jpg


f0081958_12513198.jpg


f0081958_12514914.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-11-16 13:02 | 雑感