NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゴルフシーズン到来
先週末、ゴルフに行ってきた。(←最近、更新が遅れがち・・・)
今年5回目。
多いっちゃあ多いし、ゴルフ好きな人から見れば「NYにいるのにたったの5回かよ」と思うかもしれない。
日本にいる頃は年に1~2回しかやっていなかったし、渡米してからは受験とかでゴルフをする余裕は無かったから、1年で5回もゴルフをするのは初めて。

f0081958_1117232.jpg


今はもう11月、厳冬を目の前にしてナンなんだけど、今更ながらゴルフにはまりつつある。
今年やった5回のスコアは全て100前後、全く進歩していない。
何がいけないのか・・・、ということを考えていたら、ある事に気がついた。

僕は普通の人より飛距離が出るので、ロングホールのスコアが良いことが多い。
ショートホールはまあまあ。
だから、大抵は14ホールあるミドルで苦しんでいる。

ミドルホールは400ヤード前後が多いけど、中には短めのミドルホールもあり、ここはスコアを縮めるチャンスだ。
でも、僕にとってはこの短めのミドルホールが鬼門らしい。

例えば、350ヤードのミドルホールの場合、僕のドライバーの飛距離が多分280ヤード前後だから、第一打が「上手くいけば」、残りは70ヤード程度だ。
でも、ゴルフをする人は分かると思うけど、この70ヤードという距離は結構難しい。
どんなクラブを使ってもフルスイングは出来ない距離だから、ハーフスイングせざるを得ないんだけど、中途半端なスイング(所謂「置きに行く」ってやつ?)でシャンクしたりダフッたり・・・
こうなると、グリーンまでの「長く空しい道のり」を味わうことになってしまう。

でも、先日のゴルフの時、残り120ヤードくらいの第二打をピッチングで打ったら、カップに蹴られてイーグルこそ逃したものの、カップまで15cmくらいのショットが出た。
当然まぐれなんだけど、その時気づいたのが、「ピンまで120ヤードって殆ど打ったことが無いな」ということ。
ドライバーでナイスショットが出れば残りは100ヤード弱だし、ミスすれば150ヤード以上残ることが多い。
だから、ピッチング・ウェッジを使った記憶があまり無いけど、残り70ヤードのハーフショットよりも、150ヤード以上のアイアンショットよりも、残り120ヤードのPWフルスイングの方が打ちやすいことは間違いない。

と言うことは、これまでドライバーでのナイスショットに拘り、苦手な70ヤードの第二打を沢山打ってきたけど、「残り120ヤード」となるような第一打を心がければ良いのでは!

という話をゴルフ好きな先輩にしたら、「そんなの当たり前じゃん」と失笑されてしまった。
確かに、プロがそうしているという話は以前に聞いたことがあったけど、僕はドライバーショットに拘るあまり、そんな基本的なことを今まで忘れていたようだ。。。


もう一つ、パターって重要だね、ということにも今更気づいた。
僕はゴルフショップに雑に置かれている1980円のパターをずっと使ってきたんだけど、先日友達のパターを借りて打ってみたら、すごく打ちやすいのである。
打ち損じは少ないし、軌道が安定する。
だから、パターを変えれば多少スコアが改善されるのでは!?


・・・という背景があって、今更ながら「ゴルフしたくてたまらない病」にかかっているのである。
今までは「1年ぶり」みたいな状況でゴルフをすることが多かったこともあり、スコアに拘りが無かったけど、年に5回もやってスコアが改善しない状況は何とかしなければならない。


ということで、今日の会社帰りにゴルフショップへパターを買いに行った。
買うやつは事前に決めていたので、5球くらい試打して問題なさそうだからソッコーで決定。
f0081958_1112499.jpg


その後、フロアをウロウロしていたら、キャロウェイのドライバーが目に入った。
うう、欲しい・・・

実は今日の昼間、前述のゴルフ好きな先輩とゴルフクラブの話をしていた時、「ドライバーを変えた方がいいんじゃない」と言われていた。
また、その先輩とは一緒にラウンドしたことがあるんだけど、その時にも変えた方が良いと言われていた。
僕のドライバーは7~8年前に買ったもので、その時点で既に時代遅れと言われていたものを安さだけを理由に選んだ。
でも、僕のスイングスピードを考慮するとシャフトが柔らか過ぎるらしく、そのせいで球が曲がってしまうらしい。
で、その先輩のお勧めがキャロウェイのX460というやつ。
f0081958_1113843.jpg

とりあえず、どんなもんか試打させてもらった。
店員に事情を説明し、シャフトの硬いものを選んでもらう。
うん、確かに硬くて、全くしなりが無いような感じ。
柔らかいシャフトのやつも打たせてもらったけど、硬い方がどこか安心感がある。
会社用のシャツのまま、室内でビュンビュン試打しているサラリーマンもどうかと思うけど・・・

で、買っちゃった・・・X460♪

店員曰く、「8年前のクラブを使ってたなら、距離は伸びるし方向も安定するよ~」だって。
うわー、どうしよう。


ということで、寒さに負けず、もっとゴルフに行こうと決意を新たにした。
[PR]
by nycyn | 2006-11-10 11:41 | 雑感