NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
電卓
f0081958_13221984.jpgこの電卓、多分20年くらい使っている。
シンプルで機能は少ないけど、小さくて軽いしソーラーパワーで電池交換不要だから、ずっと愛用してきた。
値段は覚えていないけど、当時でも千円以下だったはず。

金融機関で働く人は関数電卓を使っていても良さそうなもんだけど、僕は入社後もコレしか使っていない。
ややこしい計算をする時はエクセルがあるし、顧客へのプレゼンのような、パソコンが無い場所で計算が必要となる仕事をしてこなかったから、ニーズが無かったのである。
一度だけ、証券アナリスト試験の前に関数電卓を買おうかと思ったことがあったけど、テキストや問題集を解いていたらそんなに難解な計算は不要だと分かったから、試験では標準偏差・相関係数やデュレーションの計算もこの電卓で乗り切った。
「10乗」とかを計算する時は、掛け算を何回もしなきゃいけないから面倒だったけど。。。

今の大学でも、計算する時は殆どエクセルを使うから、電卓の使用頻度は低い。
仮にエクセルが無くても、対数や累乗根が出てこなければ、大方の計算はこの電卓でできるけど。

ところが、最近、この電卓の調子が悪い。
ソーラーパワーだから電源が切れるはずは無いんだけど、頻繁に切れるのだ。
計算していると、途中でブチッと画面が消えるケースが続出。
ああー、ついに寿命か。
苦楽を共にしてきた電卓だけに、諦めきれない・・・

とは言え、パソコン使用不可の試験があったりすると、こんな状態の電卓じゃ受験できないから、新しい電卓を買うことにした。

さて、同じ機能の電卓を買うべきか、それとも関数電卓を買うべきか・・・
迷うところじゃない?

で、ついにこの歳にして初めて関数電卓を買うことにし、アマゾンで注文した。
色々あってどれが良いか分からないから、投資銀行で働く人は必携と言われているHewlett-Packardの「12C」を選択。
調べてみると、12Cは計算式の入力が逆ポーランド式?とか言う特殊なものらしく、馴染めないと嫌だから、普通の入力もできる「12Cプラチナ」というやつにした。
f0081958_13273278.jpg

これで僕も金融マンの仲間入り?
早く届かないかな。


f0081958_1328484.jpg
↑クリックで拡大!
[PR]
by nycyn | 2006-10-30 13:39 | 雑感