NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
不穏な動き

世界のあちらこちらで不穏な動きが出てきている。

ハンガリーのブダペストでは、大統領が国民にウソをついていたことを証明するテープが放送されたことをきっかけに、暴動が起きている。
CNNによると、150人くらいが負傷したらしい。

f0081958_8504162.jpg
(CNN)

先日、ドイツ・チェコ・オーストリアを旅行してきたばかりだけど、実はギリギリまでブダペストも行こうと思っていて、飛行機の乗り継ぎが上手くいかないことから断念したところ。
時期がずれているとはいえ、ハンガリーに行っていたら暴動に巻き込まれてた可能性があったかもしれない。。。

こういう事件が起きてしまうと、どうしても国のイメージが悪くなる。
詳しくニュースを見たわけじゃないけど、トンデモない大統領と言えば隣国ルーマニアのチャウシェスクのイメージと結びつき、僕の中でのハンガリーのイメージはかなり低下した。

旅行で行くかもしれないと思って事前に少しだけハンガリーについて調べたんだけど、同国は1990年の民主政権成立後、若干の停滞は経験するものの市場経済への本格的な移行を行い、90年代後半は4~5%、2000年代に入っても3%前後の成長を続けてきた。
中欧諸国の中では最も外資の誘致に積極的で、ITセクターを中心に外資企業が参入し、国民のITリテラシーはかなり高いらしい。

そんなハンガリーだけど、こういう暴動が起きちゃうと、払拭されてきた感のある旧東欧諸国の暗いイメージが復活して、投資も減速気味になっちゃうんだろうな。
エマージング投資の難しいところ・・・



また、今日の午前中、仕事をしていたらCNNのニュース・アラート(大きなニュースがあった時にメールで教えてくれる機能)が届き、タイでクーデターが発生したとのことだった。
事前にそんなうわさがあったらしいけど、僕はそんなことを知らなかったから、びっくりしてすぐに食堂のテレビを見に行った。

f0081958_8512221.jpg
(CNN)

クーデターとは言っても、軍がすぐに国会などを制圧してしまい、けが人もいないとのこと。
市内も至って平穏で、市民は携帯カメラで戦車の写真を撮ったりしていた。

でも、このニュースはハンガリーの暴動の何倍もショックだ。
僕はかなりのタイ好きで、前に書いたカンボジアやベトナムにタイ経由で行ったこともあり、タイには合計5回くらい行っている。
日本からは片道6時間、往復4万円台で行けたこともあり、タイのチャーハンを食べるためだけに3連休で行こうかと思ったことがあるくらいだ。

そんな僕の個人的な趣味はともかく、アジアの中では比較的発展している民主国家で軍のクーデターが起こったことにかなり驚いた。
以前から首相への批判が高まっていたことは報じられてきたけど、「微笑みの国」でこんなことが起こるとは。
お隣の軍事政権国家ならまだしも。
国民的人気を誇る国王はクーデターを起こした軍からも支持されているみたいだけど、国王としてどう対応するんだろうね。

あー、カントリーリスクはうなぎのぼりだろうな。
投資も観光客も減るだろうな。



ところで、わが日本。

CNNではすぐにバンコクからの生中継があり、街中の映像や詳しい解説を見た後、いくつかの日本のニュースサイトを見てみたら、「タクシン首相が非常事態宣言を出した」(以上終了)という、背景や現状などの説明が全く無い一行のニュースしか見つからなかった。
夜中とは言え、ちゃんとカバーしようよ、アジアの出来事なんだし。
そんな日本のお寒い報道事情を再認識して、ちょっと寂しい気持ちになってしまった。



(以下は更新後に追加)

ようやく日本のニュースも出揃ってきたなと思って各サイトを見ていたら、毎日新聞のサイトにこんな記事があった。

「クーデター発生」の情報が流れた19日午後9時すぎ。2台の戦車が待機する首相府北門前で実況していたテレビ局の女性記者(35)に、日本人観光客が「何のイベントですか?」と声をかけた。

いやー、平和ですねー。
[PR]
by nycyn | 2006-09-20 08:56 | 雑感