NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
階級社会へ
先日の「仕事をするなというルール」を書いた後に思いついたことをつらつらと・・・


f0081958_9313936.jpg


一般的に、制度というものは文化や国民性などを背景に成り立っているはずだ。
だから、背景が変わらないのに制度だけを変更した場合、どこかに「ひずみ」が発生する。
では、前回書いた「早く帰れ・仕事は持ち帰るな」ルールを導入した時、ひずみは発生するのだろうか。


僕が思いつくのは、仕事をしない奴がさらに怠けるようになること。
仕事の出来に拘らず一定の時間が来たら終わり、一定の時間までいれば仕事はテキトーでも良い、というタイムカード的発想が一部のホワイトカラーに蔓延するかもしれない。

そうすると「サボる奴を働かせるための制度」が必要となるが、このノウハウはアメリカに沢山ある。
成果を定量的に計りにくいホワイトカラーに効果があるものと言えば、最も単純なのが日系企業ではまだ稀な降格・減給だろう。

ただし、降格・減給を導入しても、ある程度の下限は設けられるだろうから、一定レベル以上の人はとことんがんばるし、一定レベル以下の人は努力することを放棄して下位の方に安住する(とリーダーシップ論の教授は言っていた)。
つまり、働く人と働かない人の「分布」が拡大し、社内での「格差」が広がり、やがて社会全体でもこうした格差が拡大していく。

そして、日本全体がアメリカのような階級社会へと近づいていくんだろう。
(結論ありきの強引な論理展開、との認識アリ・・・)


f0081958_931568.jpg


僕は階級社会については「ある程度」ウェルカムだ。
(階級社会には副作用もあるだろうけど、論点がブレるので省略。)

資本主義を掲げながら共産主義的思想が随所に見られる日本の諸制度については、以前から違和感を感じていた。
資本や人材の国際化が進む中で、また、働かない若者が増えている環境下で、こうした制度をいつまでも保てるわけがない。
自分の意思で熱心に働かないことを選んだ人は、勤労から得られる充実感や経済的豊かさを放棄する代わりに、自由を楽しめばよい。
だから、そういう人が熱心に働いている人が得たものを妬むのは筋違いだ。


一方で、今の日本人がアメリカと同じレベルの階級社会を受け入れるマインドになっているかといえば、そうではないと思う。
少し前に日銀総裁の件が報道されていたけど、総裁の脇の甘さや投資していたファンドの違法(かもしれない)行為は別にして、一部の国民の「反応の仕方」が気がかりだ。


反応①:「総裁は数億円の資産を保有、報酬や年金額も多く、庶民の感覚からはかけ離れている。」

おいおい、日銀総裁と庶民が同じでないといけないのか?
彼はくじ引きで総裁になった訳ではなく、努力して苦労してあの地位に就いたと思う。
しかも、その責任と重圧は一般庶民のそれとは比べ物にならないはず。
だったら、僕のような平凡なサラリーマンに比べて報酬や資産が多くて当然じゃないの?
庶民の感情を理解することは必要だけど、総裁自身が庶民になる必要はないだろう。
個人的には、住宅ローンや日々の生活を「庶民的に」心配するような人に日銀総裁にはなって欲しくない。


反応②:「国民はゼロ金利で苦しんでいるのに、自分はファンドで大もうけしている。」

リターンだけじゃなく、リスクも考えようよ。
自分はリスクを取らないくせに、リスクと引き換えにリターンを得た人がいると、そのリターンだけに着目してイチャモンをつけるのはナンセンスだろう。

ゼロ金利で苦しんだ人も確かにいるだろうけど、ゼロ金利のおかげで住宅ローンが借りやすいという直接的な恩恵に加えて、ゼロ金利で資金調達がしやすくなる企業や利鞘を稼ぐ銀行の間接的な恩恵を受けているいる人もいると思う。
円高になれば輸出企業がやばい、円安になれば輸入企業がやばい、とネガティブな面ばかりにスポットを当てるのは国民性だろうか。
だから、この手の人達は日銀が金利を上げても文句を言うんだろう、きっと。

さらに、数年前の環境でゼロ金利を解除することが日銀総裁の判断として正しかったとでも言うのだろうか。
解除した結果として景気に悪影響があり、「庶民」が働く会社が倒産してたかもしれないけど、そういう可能性についてはどう考えるのだろうか。



これらはマスコミの扇動が理由かもしれないけど、こういった論理的じゃない感情的な批判のバカバカしさに加え、「理不尽な平等主義」が蔓延していることを再認識した。
これを見る限り、階級社会なんて到底受け入れられないんだろうな。

でも、価値観の多様化は止められるはずも無く、階級社会につながる要素は他にも沢山あると思う。
だから、国民感情がどうであろうと、日本は着実に階級社会に向かっていくんだろう。

でも、「庶民の感情」を考慮すれば、時間をかけて、人々の心の変化に合わせて、徐々に浸透していくのがいいんだろうな。
何年かかるか分からないけど。


f0081958_9175188.jpg

[PR]
by nycyn | 2006-08-24 09:37 | 雑感