NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MBAな土曜日
今日は朝からビジネススクールへ。リビューセッションに参加するため、朝7時に家を出てタイムズスクエアを横切ると、土曜日・早朝・雨というコンディションのせいかほとんど人がいなくてものさびしい感じ。
f0081958_12455071.jpg

大学は期末試験が近づいてきていることもあって、教授はものすごい勢いで授業を進める。僕が受講しているのはフルタイムMBAじゃないから授業数が少ないのは仕方ないんだけど、それにしてもスピードが速い。会計の授業では、有価証券の分類(売買目的とか満期保有とかいうやつ)とその会計処理(時価評価→損益認識又は資本直入みたいなやつ)の説明を5分くらいで終わらせてた。僕は仕事の関係で知ってるからいいけど、バックグラウンドが金融じゃない生徒は文句を言いまくってた。初めて聞いたらそりゃ分からんわな。

リーダーシップの授業では、ドイツとフランスの製薬会社が合併するというケーススタディ。国民性、企業文化の違いを乗り越えて、軋轢を軽減しながらシナジーを出す方法論を議論する。途中、ドイツ人留学生が「国境をまたいだ合併で一番障害になるのは言語の違いだ」って発言して、僕はその通りと思ったんだけど、クラスの7割が英語しか話せないアメリカ人にはそういうのは分からないんだろうな。僕はまさにその障害をこのクラスで実感してるよ、って言おうかと思ったけど、アメリカ人に対する批判だと思われると嫌だからやめておいた。こういう日本人的な考え方が英語力の上達を阻んでいるんだろうけど。。。

そんな一日だった。12時間も学校にいると、最後の方は集中力が無くなって授業聞けないんだよね。帰りの地下鉄でアメリカ人たちが辛い辛いって言ってたけど、僕から見れば「英語で苦労しないだけいいじゃん」と思う。まあ、人間はその時おかれた状況の中で自分なりの「標準」を定めて、そこを基準に辛いとか幸せとかを判断するから仕方ないんだけど。翻って、僕の事を「英語なだけいいじゃん(俺はスワヒリ語だぜ)」と思っている人も世の中にはいるだろうから、僕もがんばらなきゃいけない。
[PR]
by nycyn | 2006-04-09 13:00 | MBA