NewYorkScenery
nycyn.exblog.jp

ニューヨークの生活、MBA、仕事・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
日米比較
f0081958_2321888.giff0081958_2324841.gif


日本とアメリカの違いについてアメリカ人から質問されることがある。思いつくものを全て挙げるときりが無いが、僕が感じているアメリカの主な特徴は以下の通り。

○合理的
日本で合理的と言われていた僕にとっては居心地が良い。

○フレンドリー
見知らぬ人と突然会話が始まることも少なくない。

f0081958_2372392.jpg○多様性、寛容さ
異質なものを受け入れる体制。本音では日本と同じように同質のものを好むような気がするが、少なくとも表面的には異質なものを受け入れている。

△お金が全て?
大金を稼ぐことに対する後ろめたさが無く、行動パターンが分かりやすい。過剰な拝金主義はどうかと思うが。

△ポジティブ
失敗を恐れずにチャレンジ。逆に、慎重さが足りない、楽天的すぎ、と思うこともある。

×自己中心的、無責任
権利と義務のバランスが取れていない。個人主義の弊害か。

×いいかげん、がさつ
細かいことに気を配れない。「合理的」の裏返しかも。

×過剰消費
アメリカ人の消費は半端ではない。

×メシがまずい
でも、ハンバーガーだけは旨い。

ニューヨークに住んで2年弱になるが、良く考えてみるとニューヨークについては「多少」知っているものの、決して深く理解しているわけではなく、さらにアメリカ全体については殆ど知らない。そもそも、こんなに大きな国をまとめて捉えることはナンセンスかもしれない。先日の新聞に「ニューヨークの若年層人口の半分以上は移民」との記事があったが、こうなってくるとNYはNYであって、NYをアメリカの一都市として捉えるのは適当ではないと思う。したがって、上記もアメリカというよりはNYの断片的な特徴なのだろう。

当然だが、上記には個人差があり、(暗黙の)階級社会のアメリカにおいては階級によって全然違ってくる。日本人の中でも上記とは全く異なる見方をしている人もいるだろう。また、昨年日本に帰国した際に思ったが、日本が徐々にアメリカに近づいてきているような気もする。

いずれにせよ、これら日米(NY)比較については追って詳しく書いていきたい。
[PR]
by nycyn | 2006-03-11 23:12 | 雑感